基礎から応用、さらに創造性も必要

中学受験の壁を乗り越えるためには、国語、算数、理科、社会の4教科の中でも、算数を苦手科目にしないことが求められます。算数という科目は、得意不得意が顕著に出る科目で、得意な子は算数の成績がグングン伸びていきますが、苦手となると落ちこぼれといわれるほどに成績不振となってしまう事が多い科目です。

通常の成績を上げるのではなく、最終的に受験合格という目的があるのですから、中学受験の算数は、基礎がしっかりある状態を作る事が、その先の段階に進める最も大きな要因となります。基礎ができていることは受験の算数にとって必要不可欠な事です。

何気なく勉強し、なんとなくわかるという状態では、応用力も想像力も必要な中学受験の算数問題は解けません。また応用力と想像力意外に、○○算の組み合わせ問題を解く力も必要となります。さらに基礎的な計算問題をいかに早く正確に解くことができるかという事がカギとなります。

一筋縄ではいかない中学受験の算数をどのように攻略していくか、幅広い知識と応用力、スピード性などを磨いていくことが重要です。算数で点数が取れないことは中学受験で致命的といわれてしまうため、算数が苦手科目のお子さんは6年生になる前に、算数の基礎を徹底的に磨いておくことが重要です。