算数は仕組みから理解する

大人が考えると、小学生の算数なんて計算ができれば問題ないだろう?と思いますが、中学受験の算数は大人にとっても厄介です。計算力、スピード、正確性、さらに最も重要とされるのが思考力です。思考力を養うために何が必要なのかというと、問題を解くための仕組みを深く理解する事で、その仕組みを知ると難解な問題でも解けるようになっていきます。

受験時は決められた時間内に解かなければならないので、仕組みを考えながら解くことに加えて、早く解ける力が必要となりますので、仕組みを解くという思考力を小学校5年生くらいまでには実力として付けておきたいのです。解く力を付けておくためには時間もかかりますので、受験の年の6年生になってからではその力を付けることが難しいのです。

計算が速く演習問題をたくさん行っているので、「似たような問題が出れば解ける」のではなく、問題を自ら解く力を持っているかどうか、ということが大切になるのです。基礎学力を磨き、問題を解く力を付けなければ中学受験の算数はなかなか点数をあげる事ができません。この解く仕組みを考えるためには応用力のほかに想像力が必要です。すなわち、中学受験の算数には、様々な力を持っておくことが重要です。