これほどの難しさが必要?

中学受験は私立中学や中高一貫教育などの、ある程度レベルの高い学校に行く、または特徴的な教育を行う学校に行くための受験です。公立中学校に受験なしにそのまま進学するのとは違い、受験するという事は、受験されるお子さんが中学に入学した際、授業についていけるレベルであるかどうかという事を入試によって判断するわけです。

しかし、中学受験の入試問題を見ると、こんなに難しい問題が必要なの?と思うほど難しい問題が出題される学校もあります。中学受験は私立高校や私立大学などの個別入試問題と同じで、その学校独自の問題が出ます。こうした学校で入試問題に出された算数のテストを見てみると、中学校1年生、2年生くらいで勉強する事が平気で出てきます。親がびっくりするくらいの難題が出せることもありますし、公式に当てはめるだけでは解ける問題ではなく、公式を駆使して解くことが必要な難題もあります。

これほどの難しさが必要かと考えてしまうような難しい算数の問題を見ると、中学受験の難しさがよく理解できるでしょう。親御さんはこうしたことを踏まえて、塾なり、家庭教師なり、お子さんにあったサポートを考えていく必要があるのです。今の中学受験、特に算数は一筋縄ではいかないという事を理解しておかなければなりません。