隣のお兄さんは指導できない

中学受験を考える時、家庭教師の指導を求める保護者も多いでしょう。特に中学受験の算数は難解で、中学受験を行う各中学でも算数に重点を置く学校が少なくありません。そのため、中学受験の算数の指導は特化した指導力が必要です。

家庭教師というと昔は、近所に暮らす大学生や親戚で有名大学に通うお兄さんなどに依頼する事が多かったのですが、中学受験、特に算数の指導を徹底して行うためには、「隣のお兄さん」「親戚の大学生」では合格できる指導になりません。中学受験の算数の指導は、小学校の教科書にない指導も重要となってくるからです。

保護者の中には、小学校の算数が中学受験の入試に出てくるのだから、親でも教える事が出来るくらいだろうと考えている人が少なくありません。しかし、そうではないのです。算数の入試問題を見ると驚くほど難解で、とても小学生が解くと思えない問題が出されていることも少なくないのです。

初歩的でも数学的な知識がないと解けない問題、中学校1年生の数学レベルの問題はごく普通に出題されています。難関中学受験となればさらに難解です。解き方についても、現代の算数の指導による解き方が必要となってくるので、親や中学受験の内容を知らない家庭教師が指導すると間違った方向の指導となってしまう事もあります。隣のお兄さんではなく、中学受験に精通した指導を行える家庭教師が必要なのです。