トレーニング「スピード」

中学受験の算数では思考力、想像力を働かせて解く問題が出題される傾向にあります。ただ公式に当てはめた計算ができるという事ではなく、応用問題を解く柔軟な思考力と想像力を働かせた解き方ができないと算数攻略となりません。

6年生になったら想像力や思考力を駆使し、問題を解く力を訓練することになりますが、その前に、忘れてはならないのが計算問題です。基礎的な計算問題は応用力があれば解くことができますが、中学受験の算数の問題にチャレンジした中学受験経験者に聞いてみると、「とにかく時間がなくて計算問題が大変だった」という声を聞きます。

難しい算数の応用問題をじっくり解くためには、計算問題をいち早く正確に解き、時間を作ってじっくり応用問題に取り組む必要があるのですが、計算問題が非常に多く、応用問題にたどり着くのが容易ではなかったというのです。

中学受験の算数の入試では、まず、正確に計算できるスピーディな力が重要となってきます。そのため、普段の学習の中でも、時間を区切って計算問題を時間内に解くという訓練が必要です。小学生という年齢のお子さんですから、受験当日に焦る事がないよう、時間に対する訓練を行い、本番で焦ることなく問題に取り組めるようにしておくこともしっかり考えておきましょう。