中学受験の算数は難解

中学受験の算数の問題を見ると、あら?これは二次方程式で解く問題では?と思うような問題が出てきます。でも小学校では方程式なんて習いません。ではどうやって解くのか?というと、二次方程式で解いてもいいし、方程式を利用せず特殊算を利用して解いても構いません。かなりまどろっこしい解き方になりますが、小学校の教科書通りに解くとなると特殊算で解くことになります。

中学受験の算数は非常に難解で、大人が小学校レベルの問題と思っていると、入試問題を見てなんだこれは?どうやって解くんだ?と思うような問題が多数出てきます。通常、小学校から公立中学に行く場合、段階的に算数から数学になっていくのですが、私立中学や中高一貫教育では一段高いレベルの学習をすることが多く、その為、その授業についていく力があるかどうかを、中学受験で判定します。

小学校なりの解き方をする必要があるので、大人が見たとき、これはどうやって解くんだ?と感じるのです。またお子さんも、問題を理解しどのように解いていけばいいか考えて解くことが必要となるので、様々な力が必要であり、それを小学校時代に磨いていくことが重要となるのです。

中学受験の算数は親が思っている理想的な問題ではなく、現実は非常に厳しく難しい問題が出ます。算数を科目の大きなポイントととらえ、どう攻略していくかしっかり考えることが大切なのです。