スピード重視の算数入試

中学受験を行う中学が多くなってきています。私立中学、また中高一貫教育に切り替える中学も多くなっているので、中学受験をしようと考えるご家庭では、中学受験対策を練らなくてはなりません。

中学受験を行う学校ごとに入試問題も違いがあります。超難関中学と呼ばれる中学の入試、特に算数の入試を見ると驚くほど難解です。ただ中学受験の入試ではスピード重視か、それとも理解力重視か、このどちらかの傾向に分けられます。

中学受験の算数でスピード重視と考えている学校では、計算問題が多数出題されています。応用問題もありますが、いかに早く正確に計算できるかそのスピード力を試す入試問題です。

スピード重視かそれとも理解力重視か、各中学によって傾向が全く違うため、中学受験の算数では、他の科目同様、過去の問題がどのような出題傾向にあるかを理解する事が重要となってきます。過去問題なども入手できると思いますが、年代によって問題の傾向も違ってくることがあるので、過去問題だけに特化せず、その年の中学入試、算数の出題傾向を早く知り、傾向に沿った学習を行っていきましょう。

こうした情報は、中学受験に特化した進学塾や個別指導塾、さらに中学受験専門の家庭教師などから得る事ができます。学校説明会でも入試傾向が知らされることがあるので、親御さんは必ず出席しましょう。