理解力重視の算数入試

難関中学と呼ばれる中学への受験を考えているご家庭は、その志望校についての情報をまず集めてください。手っ取り早いのは中学受験に精通した塾に入る事、中学受験に特化した指導力のある家庭教師を付ける事です。こうした中学受験に精通している塾や家庭教師は、志望校についての分析を行いその年の出題傾向をつかみポイントを絞った学習指導を行ってくれます。

難関校と呼ばれる中学の算数入試問題を見ると、多くの理解力が必要な難問が出題されています。何を導き出すことが必要なん問題なのか、どんな特殊算を利用して解いていく問題なのか、問題をしっかり把握、理解し、自分の持っている知識で解いていく力を試すものです。

応用力が必要なこうした問題は、基礎学力をつけておくことはもちろんの事、理解力が必要な応用問題をいくつも違うパターンで解く訓練をします。違うパターンの問題を多数解いていくと、次第に自分で問題を理解し解く力がついていきます。現代の難関校の算数入試は驚くほど難しくなっていますので、とにかく常に頭を柔軟に働かせ、問題の意図を読み取る理解力を養っていきましょう。

理解力重視の算数入試に切り替える学校も多くなっているという現代、中学入試の算数は他の科目よりも重点を置かれることが多いので、1点でも多く取得できるよう、計算問題と共に応用もしっかり出来るように学習していきましょう。