中学受験算数には方程式が必要?

親御さんが中学受験の算数問題の解き方を知ると、どうしてこんなに難しく解いていかなくてはならないのか、こんなもの方程式で公式に当てはめて解いていけばこんなに難しく解かなくてもいいじゃないか、と考えます。当たり前です。もうすでに大人の脳には、方程式がしっかりと入っているのですから。

中学受験の算数では、確かに中学1年生レベルの問題が出題されています。中学レベルの問題という事は、方程式に当てはめて解くほうがずっと面倒がありません。でも、小学校では方程式を習いません。そのため、解き方としては小学校の時に習う特殊算を用いて、大人が見ると複雑で難解な解き方をしなければならないのです。

では方程式で解いてはいいけないのか、というとそんなことはありません。中学受験の指導を行う塾や家庭教師は、小学生に方程式での解き方を指導し、スピーディに解かせる、という方法を採る場合もあります。でもこの場合、方程式に沿って移項なども同時に理解しておかなければなりません。塾や家庭教師など高いレベルの指導力がないと指導は無理です。

方程式をにわかで習っても、方程式を頭に入れるだけで精いっぱいとなってしまうお子さんも多いので、やはり、中学受験では特殊算を用いて面倒でも小学校で習う算数による解き方で問題を解く方が、お子さんに混乱も少ないのです。