低学年から塾が必要となる?

親御さんの理想としては、中学受験で塾や家庭教師を利用する時、小学校高学年になってから・・・と考えたいでしょう。低学年のうちはあまり勉強、勉強といいたくないというお気持ちもわかります。小学校からそのまま公立の中学に行く、という事なら高学年になってから、中学の勉強についていけるようにと近所の塾に通わせるようにするということでいいのですが、中学受験はそれほど甘くありません。

特に現代の中学受験「算数」について、小学校低学年から進学塾で指導を受け、計算力、思考力、想像力を向上させ、中学受験の算数問題に適応していくことが重要といわれています。

本当に稀な事ですが、小学校の授業のみ、つまり独学で中学でも難関中学と呼ばれる私立中学に合格を果たしたというお子さんもいます。これは、稀なことでそうめったに起こる事ではありません。うちの子も、小学校の授業だけで中学受験に合格できるかもしれないという安易な考えはなくしましょう。

小学校で受験する際は親御さんが進路について考えるべきです。高校受験や大学受験となれば、自分が行きたい学校などを自分の学習レベルに合わせて志望し、勉強を頑張っていける年齢となりますが、小学生は違います。将来、自分が行きたい学校に行けるように、中学時代に質の高い勉強ができる環境を作ってあげるためにも、中学受験に沿った対策を選択していくべきです。