算数は親が教えないほうがいい

中学受験の科目の中で算数については、親御さんが指導しないほうがいい科目といわれています。国語の漢字の学習や四文字熟語などについては、親御さんの知識を十分発揮され、指導していただいていい科目ですが、算数については親御さんの指導によってお子さんが混乱する事が考えられます。

保護者はすでに、中学、高校、または大学まで勉強をし終わっています。その知識を活かし社会で活躍しているわけですが、どんなに有名大学を卒業していても、小学生が中学受験を控えている状態で、親御さんが指導するのはよくないのです。なぜか?というと、小学校の算数の解き方ではなく、様々な数学の勉強によって培ってきた指導になってしまうからです。

算数の問題でも単純な計算などなら構いませんが、応用問題などは大人の数学の知識によって解いてしまうので、指導も、算数を飛び越えて数学の知識での指導となってしまいます。親御さんがお子さんに算数を教える時、方程式を使えば簡単で解答がわかっていても、Xを使用しないでお子さんに指導するというのはとても難しいことです。

算数の特殊算を用いて解く方法で、解答までに導かなくてはなりません。その指導が親御さんにはできないため、お子さんが混乱しないように、親御さんが算数の指導をすることは避けた方がいいのです。