算数はこの先の受験に活きてくる

お子さんにとって中学受験だけが人生を決める大きな出来事ではありません。その先、高校受験、大学受験など、人生の中でターニングポイントとなる出来事はたくさんあるでしょう。大学受験時に難関大学受験を考える多くの受験生がこうしておけばよかった・・・と後悔することに、「数学の基礎力をもっと上げておくべきだった」という意見があります。

算数、数学というのは積み重ねの科目です。ほかの学習とは違い、記憶させることである程度点数が取れるという事はなく、小学校の基礎学力があり中学の数学へ移行でき、中学の数学の基礎力がしっかりある事で、高校の難しい数学に進んでいけるという科目です。どの年代でもその年代に習う算数、数学の知識を脳内に積み重ねていくことによって徐々に難しい問題が解けるようになっていきます。

その本当の基礎の基礎となるのが、小学校時代の算数です。小学校の算数を頭の中にきめ細かく取りいれる事ができ、自分の知識となっていくことで、次の段階にチャレンジでき、小学校の算数の知識を活かして新たな公式等を覚えながら、一段階上の学習ができるようになっていくのです。

中学受験のために頑張る算数は、その先の受験にも大いに関係する事なのだという事を親御さんもしっかり頭に入れて、漏れのない学習を心がけていきましょう。