算数を子供に教えたい親御さんに

お子さんの中学受験に、親として少しでも力になりたいと思っている親御さんの間で、やりなおしドリルが人気となっているのをご存知でしょうか。このドリルは、小学校の算数をやり直すというもので、大人が軽く見てて取り掛かると痛い目にあいます。え?小学校の算数ってこんなんだっけ?なんて思う方も少なくありません。

小学校の時、こんな計算したっけ?こういう計算、小学校ではこういう風に解いていたんだっけ?と思うはずです。大人はすでに小学校の算数の知識の上に、中学の数学の知識、さらに高校の数学の知識、その上の大学の数学の知識が刷り込まれていますので、大人が解く方法で算数を解くことができても、小学校の算数の解き方で解答を導き出すのは容易でないのです。小学校の算数なのにできないのも当然です。

お子さんが中学受験に向けて、これから高学年年代を迎えるというその前に、お子さんが低学年の間に小学校の算数のやり直しをしておけば、親が指導するのはよくないといわれる中学受験の算数も、自学などの際、ちょっと教えてあげる事ができるようになるかもしれません。中学受験のために親もかかわってくれていると感じてくれたら、この努力も水の泡には決してならないはずです。