苦手な算数を克服する

すでに今、小学校5年生になっていて、算数が苦手というお子さんや、小学校6年生で中学受験が1年後という状態で、算数が苦手科目というお子さんなら、まず中学受験合格のための指導力がある塾や家庭教師を探してください。この段階で、算数が苦手、通知表の成績が低いという状態であるなら、急ぎの対策が必要です。

小学校の低・中学年で、もし算数が苦手・嫌いというお子さんなら、中学受験に備えて苦手克服をしっかり行っておくことが受験対策となります。

どんな科目も同じですが、特に算数は、わからないところをそのままにしておくと、その先でもっとわからなくなり、大嫌いな科目となってしまうお子さんも少なくありません。そうならないように、1・2年生、少なくとも3・4年生の段階で算数嫌いを克服しておくことが重要です。

低学年、中学年でも中学受験に沿った指導を行う進学塾があります。もしお子さんが消極的な性格で人に慣れないお子さんなら、家庭教師を利用しリラックスできる自宅でしっかり算数が勉強できるように環境づくりをしましょう。算数に特化した学習を行い苦手ではなくなっていくと、わかる事の楽しさがほかの科目にも生きてきます。算数は中学受験の中でも必須といわれる科目です。苦手意識を高学年になる前に無くしておきましょう。