志望校早期決定と算数対策

小学校から中学に上がる際、中学受験を考えるのなら、出来る限り早く志望校を設定する事が求められます。なぜ、早く志望校を決定する方がいいのかというと、志望校の中学受験の入試動向に沿って対策を考慮した質の高い学習が可能となるからです。

特に中学受験では算数が大きなポイントといわれていますし、実際に算数の点数が平均点以上取れない子は、合格が難しいといわれる学校も多数存在しています。また、中学受験を行う中学によって問題傾向が異なりスピード重視派と応用力重視派に分かれるため、志望校の傾向を知り対策を早い段階で立てることは中学受験の成功に近づける要因となります。

小学生という年代でこの中学のこうした教育方針がいいなど、志望校の設定を明確にできるお子さんは少ないでしょう。志望校については親御さんがお子さんにしっかり説明し、その学校に行く意義を理解させることが必要となります。

なるべく早く志望校を設定し、特に難解といわれる算数の対応をしっかり考えていくことが、中学受験の勝利者となる重要なポイントです。情報量が高校受験よりも少ないといわれる厳しい戦いに打ち勝つため、ご家庭がお子さんと一緒になってこの壁を乗り切っていきましょう。